テレビアニメについての感想を書いています!

最新記事

カテゴリ

プロフィール

hidariuchi

Author:hidariuchi
1月1日より感想文を書いています。更新は土日が多めで、平日は少ないです。今期はAngel Beats!の感想を書いてます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

オリジナルが売りの「アニメノチカラ」第1作。 A-1Picturesも力を入れてなかなか良い出来になりそうかな。 舞台が学園とか現代でないだけでわ... …

SERA@らくblog 3.0・2010.01.06

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

オリジナル作品ということで期待の1本。 丁寧に作ってあって、気合い十分といった感じ。 お金の単位が円だったので日本のどこかが舞台? 町並みは思いっきりスペインだったような(^_^;) 「水かけ祭り」はトマト祭りのアレンジかな。 戦記モノっぽいけど戦記... …

のらりんクロッキー・2010.01.08

トラックバックURL

2010.01.06

category: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1話 「響ク音・払暁ノ街」  感想

静かな立ち上がり。かつ伏線的な描写は多く期待が膨らむ。

 公式サイトが夏にオープンしてから早半年。メルマガは登録、スタッフブログもチェックしつつ首を長くして待った第一話w 最近のアニメに多い「開幕からクライマックス」のようなハイテンションなツカミは見られず、本気モードの美術とカナタの多彩な表情で魅せつつ伏線を多く撒き・・・という、わりと堅実なスタートだった気がします。貴重なオリジナルアニメですし、手堅く起承転結する良質なドラマを期待していたので、第一話の展開は個人的に問題ありません。

 ただ、伏線的な描写は多いものの、物語がどういう方向に行くかはまだまだ未知数。公式サイトのインタビュー記事によれば、プロデューサー曰く「基本的には明るい話」らしく、神戸さん、吉野さんが過去に手がけた作品のようにはならないと示唆しています。とりあえず、来週以降はキャラの顔見せを兼ねつつ日常を描くのかな? 2~4、5話くらいかなぁ。しかしそれでは話が平坦になりますので、同じく公式サイトから引用すると

 小さな憧れと大きな夢を抱いて軍に入隊した少女の、騒がしいほど明るくて、ちょっぴりせつない毎日が今、始まります--。

 とあるので、やはり「せつない」はありそうですね。日常→シリアスという流れになるのか。となると、シリアス展開は敬遠されがちですし疲れますから、本編視聴後のエアチェンジ用に戸松遥さんの明るいナンバーが入っているのかもしれません。エルフェンリートよろしくクリムト調のタペストリーで語る伝承は、かなり重いものです。もし、あれを絡めたエピソードが入ればかなり暗くなりそうですよね。しかし伝承を語るシーンで一瞬にして暗鬱な空気に入れ替える演出は流石、と思いました。


● 気になった点
 物語がどの方向に行くか不明なので、他に気になった点を羅列。

○アバンの回想シーン
 幼少のカナタが迷子になり、それを喇叭手の女性に助けられるシーンです。ここで彼女が身につけていた「鈴のアクセサリ」は、後で出てくるリオのそれと同一デザインです。「父親からの贈り物」とあり、またリオの態度から曰くありげなアクセサリですので、何らかのエピソードに絡めて謎が明かされるのではと考えます。例えばリオと父親間の確執とか。それに、このアクセサリが実際に件の女性喇叭手のものであれば、所有者は兵士であるし他界してる可能性まであります。そしてあの女性とリオは髪型が同じだったりとか。・・・考えすぎかなw

○水中でカナタが見た巨大な「骨」
 伝承に関係大アリだと思いますが、あれは驚きました。設定的に現代よりだと思っていたのに、いきなりのファンタジー展開。しかし「骨」があるからには、アレは確かに生物として存在したのでしょうね。また、伝承を語るシーンではクリムト以外に「骨」に関する含みがあるように思えました。伝承を語るシーンの中盤で

 ・・・迷宮を脱出すると、巨大な蜘蛛の力で悪魔を倒し、その首を討ち取ります

 この「蜘蛛の力」の部分で、ノエルが整備している戦車のカットが入ります。この多脚砲台の戦車は公式サイトによれば「タケミカヅチ」という名前ですが、これをwikiで調べると日本の神様の名前で、

 イザナギがカグツチの首を切り落とした際、十束剣「天之尾羽張(あめのおはばり)」の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三神の一柱である。

 と、あります。確かに水中の巨大な「骨」は「首がない」し、また鳥類のように見えます。そういえば吉野弘幸さんが書いた舞-HiMEで「カグツチ」は巨大な鳥のような化物だったよなあ、ということにも気がつきます。神話関連を探るといろいろと出てきそうですが、今のところはうまくまとまりません。多脚砲台なので、蜘蛛が戦車なのは間違いないと思いますが・・・。

○登場人物の名前
 1121部隊はフィリシア以外は和名ですが、ここで気になる人が一人。1121部隊の寒凪乃絵留(かんなぎ のえる)です。ソ・ラ・ノ・ヲ・トを製作しているA-1Picturesは「かんなぎ」を製作しました。そして寒凪乃絵留の髪の色は青系ですよね。狙っているとしか思えませんw さらに、カナタの髪型はtrue tearsの石動乃絵にそっくりですね。つまり、かんなぎ+乃絵が名前になっているように見えるのですww 偶然じゃないと思うんですよね。「留」はよくわかりませんが、ノエルがカナタを繋ぎ留めるようなエピソードがあるのかもしれませんww(適当


 他にもありますがまとまらないかな。オリジナルは推理・創造するのが楽しいと思いますが、しばらくは日常パートでしょうし、普通に楽しみに待っているとしましょう。第二話も早く見たいですね。



1/13 23:45 追記

イザナギとイザナミの間に生まれた「カグツチ」は火を司る神であり、悪魔が火を操る点と合致する。尚、カグツチは本来ヒト型であるはずだが、大きな鳥の形という造形は舞-Himeのカグツチから由来してると予想される。それ以外の伝承の部分は調べたけどギブアップ。


 
スポンサーサイト

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

オリジナルが売りの「アニメノチカラ」第1作。 A-1Picturesも力を入れてなかなか良い出来になりそうかな。 舞台が学園とか現代でないだけでわ... …

SERA@らくblog 3.0・2010.01.06

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話「響ク音・払暁ノ街」

オリジナル作品ということで期待の1本。 丁寧に作ってあって、気合い十分といった感じ。 お金の単位が円だったので日本のどこかが舞台? 町並みは思いっきりスペインだったような(^_^;) 「水かけ祭り」はトマト祭りのアレンジかな。 戦記モノっぽいけど戦記... …

のらりんクロッキー・2010.01.08

トラックバックURL

現在視聴中の作品(4/26ver)

閃光のナイトレイド
あにゃまる探偵 キルミンずぅ
迷い猫オーバーラン
けいおん!!
真・恋姫無双 2期
HEROMAN
B型H系
会長はメイド様
いちばんうしろの大魔王
デュラララ!
Angel Beats!
薄桜鬼
聖痕のクェイサー
ハートキャッチプリキュア
WORKING!!
リルぷり
GIANT KILLING
ジュエルペットてぃんくる
荒川アンダーザブリッジ
裏切りは僕の名前を知っている
極上!!めちゃモテ委員長

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©アニメ感想メモ的な. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。