テレビアニメについての感想を書いています!

最新記事

カテゴリ

プロフィール

hidariuchi

Author:hidariuchi
1月1日より感想文を書いています。更新は土日が多めで、平日は少ないです。今期はAngel Beats!の感想を書いてます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

こんばんは、ピッコロです、いつもお世話になっております。

今回はお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございました。評価は、集計に加えさせていただきました。

なお、今回の評価企画の中間集計結果の発表については、本日夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございますので、聞いて頂けると嬉しいです。

それでは、どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

2010.04.28  ピッコロ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

2010.04.25

category: 未分類

「今期(3月終了アニメ)を評価してみないかい?8」 への参加記事 <前篇>

 クールの変わり目といえば、これですね。ピッコロさんの主催企画「~を評価してみないかい?」への参加記事です。初参加です。若輩ですが、前クールで全話視聴した作品について投票させて頂きます。作品数的に、コメントは簡潔めでいきます。

対象とする作品は、

「とある科学の超電磁砲」
「キディ・ガーランド」
「フレッシュプリキュア!」
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」
「バカとテストと召喚獣」
「おおかみかくし」
「れでぃ×ばと!」
「おまもりひまり」
「ダンスインザヴァンパイアバンド」
「ひだまりスケッチ×☆☆☆」
「はなまる幼稚園」
「こばと。」
「戦う司書」

上記の13作品です。では、やや長いですがスタート。

「とある科学の超電磁砲」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 26

 いつも金曜日は夜更かしして見てました(笑)。とてもおもしろかったです。キャラクターは総合的に見れば、納得の5点で。佐天さんと黒子が良かったですね。レベルアッパーではずいぶん考えさせられましたし、多数の感想ブログさんを巡回しました。視聴後も考えられるというのは個人的に大きな加点要素で、「とても楽しめた」ので総合5点です。2期は感想書きたいです(笑)。

「キディ・ガーランド」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 15

 1期の評判は知っていたので、楽しみにしていました。しかしフタを開けてみれば・・・、やや盛り上がりにかける展開だったような。個人的なピークは第5話で、細田直人さんが担当の回です。振り返ればやはり個性的な回で、特にアクションシーンがカッコよかったですね。最高です。たまに見返してます(笑)。

「フレッシュプリキュア!」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 26

 今回の対象作品でいちばん好きな作品です。フレッシュに関しては・・・冷静に語るの難しいですね(汗)。本当はすべて5点でいきたいのですが、可能な限り客観視して決めました。まず、本当に毎週楽しみにしていたので、総合点は5点です。作画は各回で差があったように思うので、難しいですが・・・3点で。キャラは5点です。プリキュア陣やカオルちゃんはもちろんですが、敵キャラの素晴らしさを考えれば余裕の満点です。ストーリーは5点にしたかったのですが、後半の失速を加味して4点で。ただ、各話で見れば笑いあり、感動ありの良エピソードが大量にあります。せつなのエピソードは特に最高でした。本当に素晴らしい作品で、終わってしまったのは残念ですが、そのぶん心に残る作品だったと思います。

「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 27

 最終話以外の感想を書きました。個人的には良い作品だったのでは、と思います。ネット上の評判にはかなり目を通したので、賛否両論で「否寄り」なのも知っています。良い作品と言いつつも、もの申したいこともありました。ただ、そういった作品の外で起きてるネット上の動きなども合わせて、おもしろいと思った人、つまらないと思った人、みんなが「楽しめた」気がする不思議な作品だったと思うんですよね。ああでもない、こうでもないと、みんなで参加した「ソラノヲト」という名のエンターテイメントだった、みたいな。もちろん、その評価軸は作品論ではないので、ここで論じるのは適当ではないかもしれませんが・・・。どうしてもまとめの感想を書けなかったので、で少し触れたくなってしまいました。ちなみに、私は好きですよソラノヲト。

「バカとテストと召喚獣」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 24

 バカテスは原作既読で感想を書きました。個人的に「すごく楽しめた」ので、大満足のアニメ化です。各回演出陣の個性がバリバリに出ていて、画面を見てるだけで楽しめる素晴らしい作品でした。ぶっちゃけ、原作通りに作ったらかなりつまらなかったと思います。ナベシンさんの起用で、ドタバタ感を演出で引き出しにいったのは大正解だと思います。ギャグメインですが、原作の短編集から人気のあるエピソードをもってきたり、メリハリのある構成でしたね。続編があるようなので、いまから楽しみです。

「おおかみかくし」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 21

 毎週2回見て感想を書いてました。五十鈴退場から失速し、取り上げるブログさんが激減していったのは寂しかったですね・・・。正直、後半の展開はどうかと思う部分も多々ありますが、感想を書くのはすごく楽しかったですね。それも含めると総合は4点となります。キャラは4点にしたいところですが、主人公が弱すぎるのは欠点かなぁと思うので3点で。前半と後半で大きく評価が変わった作品だったように思います。

「れでぃ×ばと!」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 24

 まったく期待してない作品でした。しかし、フタを開けてみれば・・・。これが、素晴らしくおもしろかったです。キャラの立ちかたも素晴らしいし、特にセルニア、彩京さん、ピナの3人は良かったです。終盤、ヒロインの二人が徐々に自分の気持ちに気がついていく展開も丁寧でした。あの二人はお互いの実力は認め合ってるから、よいライバルというか、出会いかたが違っていれば、良い友人になれたかもしれませんね。原作気になるぜ~と、させてくれた作品です。マンガ喫茶行ったら要チェック予定。

「おまもりひまり」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 23

 ・・・数値化したら高得点に(笑)。個人的に好きな作品でした。「BEAM my BEAM」はいまでも聴いてます。ツカミがテンプレすぎかな?とは思ったのですが、そこは声優陣と画のよさで乗り切れました。まず、狼と香辛料が好きなので、緋鞠/小清水亜美さんの組み合わせは切れるわけがない(笑)。「思うツボ」ってやつだね! あと、野水伊織さんはニンフでいいなと思っていたし、主人公が「良い伊藤誠」だったのも気になり続けました(笑)。物語的には「原作見てね」という感じですが、アクションシーンはすごく良かったですね。かなり動いてて、見ごたえありました。公式サイトによればアフレコを完成映像でやってたそうなので、スケジュール的に余裕があったようです。公式サイトも力が入ってたし、「なんとかヒットさせるぞ」という意気込みを感じました。実際、DVDは中堅ながら、なかなかの数字が出てたと記憶してます。2期あるといいな。

「ダンスインザヴァンパイアバンド」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 18

 個人的に印象の弱かった作品です。1話はおもしろかったのですが、カタルシスのある展開にはなりませんでした。結局、ラブストーリーということでいいのだろうか。正直、咀嚼しきれていません。あと、序盤はめまぐるしいカット割りで、やや酔い気味になることもありました・・・。

「ひだまりスケッチ×☆☆☆」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 26

 3期スタートのにわかですが、問題なく楽しめました。素晴らしい安定感で、毎週とても楽しく視聴できました。絶望先生といい、シャフトの連作ものは強いなぁ。演出5点としてますが、正直いってシーンに効果的な演出がなされているか、厳密に判断するスキルを私は持ち合わせていません。ただ、画面を見ていて感じる、あのなんとも言えない安心感というか、空気感というか、「ああ、ひだまりだなぁ・・・」と思わせる何かは「演出」で醸し出してるはずなので、だとすれば、私は文句なく満点とさせて頂きます。ぜひ4期もやってほしいですね。

「はなまる幼稚園」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 24

 キャラの魅力が素晴らしい作品でした。つっちー以外(笑)。つっちーはいいヤツではありますが、どうも俗物すぎて苦手でした・・・。つっちーに杏はもったいない! もっといい男いるよと教えてあげたい。とりあえず、画面を見ているだけで幸せな気分になれる、ドラッグのようなアニメでしたね。萌え観点では満点なので、当然キャラクターは5点です。個人的には、山本先生の教育方針が理に適っていてとても好感が持てました。

「戦う司書」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 21

 一部で高評価を得ていたようですが、どうも自分には合わなかったようです。話がやや難解で、見終わったあとに考え、もう一度見返さないと咀嚼は難しいと感じました。ただ、時間的に見返すのも難しかったので、個人的におざなりな解釈になってしまいました。

「こばと。」
ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 
合計点 24

 取り上げてるブログさんは少なかった印象ですが、丁寧で上質な作品だったと思います。良エピソードが多く、すごく良かったです。ラストは王道ですが、嫌悪感もなくスッと受け入れられるよい結末でした。丁寧に積み上げた帰結なので、よかったなぁと自然に思えた感じです。全話を通じて安定しているのですが、特に19話は演出が素晴らしく印象に残りました。効果音の強調が印象的で、音量ひとつで、ここまで印象を変えられるものか~と何度か見返しました。絵コンテ・演出は中村亮介さんで、有名なかたです。恥ずかしながら魍魎の匣を見てないのですが、監督をされた青い文学の「走れメロス」が強烈な印象だったので、一発で名前を覚えました。次の監督作品はぜひ追いたいですね。と、作品の話から少しズレてしまった・・・。


以上で前篇終わります。
スポンサーサイト

comment

こんばんは、ピッコロです、いつもお世話になっております。

今回はお忙しい中、当ブログの企画に参加して頂きありがとうございました。評価は、集計に加えさせていただきました。

なお、今回の評価企画の中間集計結果の発表については、本日夜11時から放送ののネットラジオで行う予定でございますので、聞いて頂けると嬉しいです。

それでは、どうか今後とも末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

2010.04.28  ピッコロ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

トラックバックURL

現在視聴中の作品(4/26ver)

閃光のナイトレイド
あにゃまる探偵 キルミンずぅ
迷い猫オーバーラン
けいおん!!
真・恋姫無双 2期
HEROMAN
B型H系
会長はメイド様
いちばんうしろの大魔王
デュラララ!
Angel Beats!
薄桜鬼
聖痕のクェイサー
ハートキャッチプリキュア
WORKING!!
リルぷり
GIANT KILLING
ジュエルペットてぃんくる
荒川アンダーザブリッジ
裏切りは僕の名前を知っている
極上!!めちゃモテ委員長

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©アニメ感想メモ的な. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。