テレビアニメについての感想を書いています!

最新記事

カテゴリ

プロフィール

hidariuchi

Author:hidariuchi
1月1日より感想文を書いています。更新は土日が多めで、平日は少ないです。今期はAngel Beats!の感想を書いてます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

おおかみかくし 11話「終焉」

もうこれが最終回でもいいよねw おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)小林ゆう伊瀬茉莉也商品詳細を見る …

新しい世界へ・・・・2010.03.19

おおかみかくし 第11話 「終焉」

いい最終回でした…ってお約束な感想で纏めるしかないですね(笑) 嫦娥街の住人への復讐。 ダムを壊そうとする賢木に、眠たちが必死に止め... …

SERA@らくblog 3.0・2010.03.19

トラックバックURL

2010.03.19

category: おおかみかくし

おおかみかくし 第11話 「終焉」 感想

実質的には最終回かな・・・?
良い終わりだったのではないでしょうか。

vlcsnap-2010-03-19-19h21m05s113.jpg

 ダムの開放で嫦娥町の壊滅を狙う賢木。それを阻止せんとする眠たち。賢木は警官から銃を奪いましたが、直接的な描写はないものの、警官を殺害してしまった様子。ダムの所員はなんの躊躇もなく殺しているし、彼はカミビトの命を奪うことに何らの罪の意識がない。カミビトに対する意識は、あくまで「化け物」。殺すことに躊躇いがないというより、むしろ「殺して当然」「滅びて然るべき」といった、彼の根底に流れる憎しみが感じられます。彼を止めることは不可能なのか。

博士「・・・賢木さん。ここの人たちが悪いんじゃないと思いませんか!?」

賢木「化け物なんだよ・・・! 化け物なんだ・・・!!」


 賢木の異様なまでの固執。彼にとって、カミビトは化け物でなければなりません。カミビトは悲しい運命のせいでやむを得ず殺生を繰り返していて・・・三重子は不幸だった? それじゃあ、憎しみの矛先はどこに・・? 誰も悪くないなんてありえない。認められない。嫦娥町に住んでいるのは全員化け物で、三重子はその化け物たちに訳も分からず殺された――。自分に言い聞かせるように叫ぶ、賢木の絶対に曲げられない一点。

だから眠が身を投げ出して何を訴えようと、彼の心は動かせません。
ましてやカミビトの中の「人間の心」など訴えられても。

vlcsnap-2010-03-19-19h42m59s192.jpg vlcsnap-2010-03-19-19h43m10s47.jpg

 ここで「白狼」こと香織が登場します。三重子と瓜二つの彼女。いや、個人的には香織=三重子と思っていましたが・・・三重子とは別人でした。しかし、賢木は香織に三重子を重ね苦悩します。これまでの賢木の描かれ方は典型的なチープな悪役で、怨恨で動いてるような悲壮感はあまり感じられませんでした。しかし、ここでの賢木の描写は明らかに悲壮そのもので、私の賢木像が「ショボい悪役」から「どこまでも悲しい男」に変わった瞬間でした。

そして、葛藤の末に彼の出した結論は、

賢木「だめだ! やっぱり許せないんだ・・!!」

vlcsnap-2010-03-19-19h43m42s119.jpg

 前回の感想で賢木の説得は不可能と書きましたが、やはり彼は止まりませんでした。止められる存在があるとすれば、それは三重子しかいないはず。香織がカギだろうとも考えましたが、香織は三重子じゃなかった。仮にこのシーンで賢木が思い止まっていたら、最悪の三文芝居になっていたと思います。賢木を救えるのは三重子だけで、三重子がいないなら悲しみから逃れられない。賢木の悲壮さが最高に表れていたシーンで、心を打たれました。もちろん、彼の行為は許されるものではありません。でも、本当に悲しい奴なんだとも付け加えてあげたい。そんなふうに感じました。せめてもの救いは、香織が連れ添って逝ったことでしょうか・・・。
 
博士について
 彼には不満がたくさんありました。他のブログさんを巡回していると、世間的にも叩き一色だったように思います。しかし、今回の話で彼の役割がわかった気がするし、意味のある行動を見せてくれました。

 真っ先に挙げられるのは、やはり賢木の前に飛び出したシーンでしょう。第9話ラストの「あなたたちは化け物なんかじゃない」。このセリフはかなめさんじゃなく、博士が言ってくれよと思ったりもしました。でも、博士もちゃんと分かっていて、今回は皆の前でそれを宣言してくれた。これがきっと、彼の役割なのだと思います。

 博士は「蜜」という立場のため、数々の恐ろしい事件に巻き込まれました。襲われ、監禁され、命を狙われた。カミビトへの感情は決して良くないはずなのに、彼は一見すれば災難とも思える一連の出来事を通して、ちゃんとカミビトが「人間の心」を持っていることを感じ取り、数々の不幸も「ここの人たちが悪いんじゃない」と許し、共存に向かい共に歩くことを選択しました。もっとも危険な目にあった博士がカミビトを受け入れ、理解し、カミビトの精神的な救いになる。これが彼の役目だったのかなとも思います。

博士「それは自分と違うものを、異なるものを理解したり認めたりすることなんじゃないか。
   それはカミビトに限らず、いろんな意味で、自分とは違う存在をただ恐れたり、忌み嫌ったり、
   恐れたりせずわかろうとすることだと思う」

 端的に言えば、このモノローグがテーマそのものなのでしょう。自分と異なる存在と触れ合い、理解しようとする博士が嫦娥町に残るのは、カミビトにとってきっと意味のあることだと思います。

眠と五十鈴
 今回は賢木が良すぎたので、正直言ってこの二人の影は薄くなってしまいましたが・・・。眠が身を差し出すシーンは良かったけど、やはり印象が薄まってしまった気がします。しかし、彼女が「町と町の人」を許してほしいと懇願したセリフは心に残ります。許しを乞うけど、自分が許されようとは思っていない。掟のためにやむを得ずの「カミオトシ」だけど、それは全て自分の罪で、他の人達に罪はない――。彼女の責任感、誠実さ、優しさのよく出た良いシーンだったと思います。眠はやっぱり好きだなぁ。個人的には、もっと喋ってほしかったなぁとか(萌え視点)。

・・・

 怒涛の第11話でしたが、まだ1話残っているようです。個人的にはタイトルの通り「終焉」であり、来週は後日談、ファンサービス的な回になるかなと予想しています。けんぷファーの最終話みたいな。って、おおかみもTBS木夜枠だし、そういう要請なのかもしれませんね。とりあえず本編は終了と考え、肩の力を抜いて待とうかなと思います。それにしても今週は良かった。

vlcsnap-2010-03-19-18h23m27s81.jpg
↑かなりの破壊力
スポンサーサイト

comment

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

おおかみかくし 11話「終焉」

もうこれが最終回でもいいよねw おおかみかくし 第1巻 [Blu-ray](2010/04/23)小林ゆう伊瀬茉莉也商品詳細を見る …

新しい世界へ・・・・2010.03.19

おおかみかくし 第11話 「終焉」

いい最終回でした…ってお約束な感想で纏めるしかないですね(笑) 嫦娥街の住人への復讐。 ダムを壊そうとする賢木に、眠たちが必死に止め... …

SERA@らくblog 3.0・2010.03.19

トラックバックURL

現在視聴中の作品(4/26ver)

閃光のナイトレイド
あにゃまる探偵 キルミンずぅ
迷い猫オーバーラン
けいおん!!
真・恋姫無双 2期
HEROMAN
B型H系
会長はメイド様
いちばんうしろの大魔王
デュラララ!
Angel Beats!
薄桜鬼
聖痕のクェイサー
ハートキャッチプリキュア
WORKING!!
リルぷり
GIANT KILLING
ジュエルペットてぃんくる
荒川アンダーザブリッジ
裏切りは僕の名前を知っている
極上!!めちゃモテ委員長

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©アニメ感想メモ的な. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。