テレビアニメについての感想を書いています!

最新記事

カテゴリ

プロフィール

hidariuchi

Author:hidariuchi
1月1日より感想文を書いています。更新は土日が多めで、平日は少ないです。今期はAngel Beats!の感想を書いてます。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

--.--.--

category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.03.28

category: バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣(バカテス) 12話 「愛と勇気と俺達の戦いはこれからだ!(仮)」

久保君「生死をかけた戦いで、僕たちも雌雄を~」

vlcsnap-2010-03-28-15h23m29s238.jpg

よくよく考えると、このセリフは卑猥すぎます!(笑)
前後の言動も合わせて考えると、より一層。久保君はどこへ行くのか。

 前回から始まった、試験召喚戦争の流れが完結しました。基本的には原作1巻の内容ですが、実は一部の内容は1話の時点でやってるんですよね。つまり、原作一巻の対Aクラス戦の内容を二分割して使ったという、アクロバティックな構成でした。アニメ版の前半はドタバタ要員の美春が目立っていましたが、戦争が始まれば知略キャラである雄二の出番が増えたのもいいですね。彼は準主人公的な立ち位置ですので、ここ最近の活躍が本来の姿という感じです。

 オチは賛否両論のようですが、私は好きだなと思います。「鐘」「校舎が崩れる」「不意打ちエンド」はオリジナルですが、雄二と明久に救出させることで、殺伐とした戦いもなんだか良い雰囲気に。最後に木下姉が不意打ちで雄二を倒しますが、執念深そうな木下姉らしい行動だし、「えー!」という登場人物の叫びが示すように「そんなのアリかよ!w」というバカテス的な笑いもあったように思います。個人的には好きなまとめかたでした。

 今回は木下姉・秀吉が目立っていましたが、加藤英美里さんの声色の切り替えが凄かったです。声優さんの技術はよくわからないのですが、素人目では器用だなーと驚きです。双子といえば、前期はにゃんこい!で戸松遥さんが声色を変えて二役演じていたのが思い出されます。ソラノヲトでは遠藤綾さんが一役で3つの声色を使い分けていました。フィリシア通常版、若いフィリシア(7話)、ギャングのフィリシア(6話)という感じです。声優さんってすごい。 

 楽しかったバカテスも来週で最終回ですが、戦争がひとまず終わり、最後に何が来るのか見当がつきません。全員登場でドタバタ系のオリジナルかな。ラブコメを詰めるという展開はない気が・・・。どうなるのでしょう。楽しみに待つとします。

vlcsnap-2010-03-28-15h22m19s54.jpg
スポンサーサイト

2010.03.04

category: バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣(バカテス) 第9話 「キスとバストとポニーテール」 感想

「あー・・・、吉井。保健室に行ってきなさい。」

原作5巻の巻頭より。
原作で吹いて、アニメでも大笑いしてしまった・・・!
確かにこれは異常事態。

vlcsnap-2010-03-04-21h52m26s16.png vlcsnap-2010-03-04-21h52m03s45.png

 今回は原作第5巻より、明久の姉・玲の登場エピソードでした。1巻丸々のエピソードを1話に圧縮。しかし原作忠実度の高い構成であり、何より面白いギャグを極力カットせず詰め込んであります。「掛け合いの面白さ」という原作の良さが、最も色濃く出た回ではないでしょうか。そして、掛け合いの面白さに不可欠な映像的なテンポ感も良かったです。明久が台所からワープして土下座とか。全編に渡りコミカルな画面であり、本当に楽しめました。

 個人的に特筆したい点に「瑞希のヤンデレ」があります。原作の感想はあまり読んでないのですが、瑞希にヤンデレ属性はなかったはずだし、そういう意見も聞いたことがないと思うんですよね。実際、原作で明久の部屋に入ったシーンでは「セリフだけ」で表情などの様子は分かりません。つまりヤンデレはアニメ版の味付けで、自分はハッとさせられました。言われてみれば、言動そのものはヤンデレ的だよなぁ。なるほどなぁ、と。しかも完全にギャグのシーンだし、最後には現実を認めて泣き崩れるから、結果的にキャラ崩壊にならずサラっと笑えるシーンになってますよね。面白かったし、ナイスだったと思います。

vlcsnap-2010-03-04-20h47m29s212.png vlcsnap-2010-03-04-20h47m48s133.png

 初登場の玲ですが、彼女は重度のブラコン設定です。ブラコン、頭脳優秀、超天然、Eカップ。姉萌えの●●本がないのは減点対象。というのはやり過ぎですが、チャーミングです。明久は俺と変わってほしい。そんな玲ですが、「努力は結果のための過程に過ぎません」と0点を取った明久をバッサリ。意外に厳しいわけですが、大事な局面では甘やかさずに戒めの言葉をぶつける。本当の意味での「弟思いの姉」が感じられます。EDで判明するように何度もパエリアを作り直し、手をボロボロにしてのその言葉は、きっと自分への戒めも込められていたのでしょう。良いお姉さんだなぁ。

vlcsnap-2010-03-04-20h25m14s165.png vlcsnap-2010-03-04-21h10m54s167.png

・・・

 玲は出ないと思っていましたが、かなり前倒しで登場してきました。9話という変化の欲しい時期に来たのも良かったです。9話まで見て、バカテスは原作既読で正解だったなぁと思っています。普通に2度楽しめている気が。来週も楽しみに待つとします。

2010.02.18

category: バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣(バカテス) 第7話 「俺と翔子と如月グランドパーク」

原作短編集より、渾身のラブコメ回。

vlcsnap-2010-02-18-22h16m42s28.png vlcsnap-2010-02-18-22h16m53s129.png vlcsnap-2010-02-18-20h23m28s186.png

 個人的に大好きなエピソードです。アニメ版の翔子も可愛すぎました。そしてEDを見てビックリ。大沼監督の担当回、そして新EDというガチっぷりでした。原作既読組としては、このエピソードを大切に作ってくれて本当に嬉しいです。序盤はパロディを絡めアニメ独自の雰囲気を出しつつ、要所はほぼ原作踏襲という構築でした。話を知ってるのに、笑い→泣きと見事にやられた感じです。

 翔子はとにかく一途なんですね。二人には小学生の頃に「ある事件」(*)が起こり、翔子はそれを境に雄二を好きになりました。愛情と独占欲が強すぎて行き過ぎな行動も見られるけど、それは「好き」という気持ちから発露するもの。しかし、雄二は翔子の気持ちを知っているけど、ほぼ拒絶に近い形で対応している。それが今の二人の関係。

 例え翔子の気持ちの発端が「カン違い」であり、それが雄二にとって釈然としないとしても、翔子とあれだけ一緒にいてあの態度を続けるということは・・・。翔子を恋人としては見られない、ということなのかと思わされます。そこがいつも切ないと感じる点なのですが。完全な脈ナシなのか?と。
 
 ただ、雄二は誠実な性格なんですね。翔子への対応は少し酷いかな?と思う点はあれど、それは真っ直ぐな翔子の気持ちに対し、自分も正直に対応するという、彼なりの誠実な接し方なのだと思います。そして誠実なだけでなく、時折は翔子に対する「優しさ」も見え隠れします。ラストシーンでブーケを被せてくれたり、弁当は美味しかったと伝えたり。ツンなのかデレなのか。何より、翔子の気持ちを嘲った相手にガツンとやったりと。まあ、これは優しさではなく、むしろ誠実さでもなく、雄二自信が自覚してないと期待したい、翔子を大切に思う気持ちが原動力になったと想像したいところですが。

vlcsnap-2010-02-18-22h13m10s212.png

 そんな雄二に対する翔子の新しい気持ちは、「やっぱり何も間違っていなかった」というセリフに現れます。例え自分の気持ちの発端がカン違いだとしても、雄二の優しさに触れることで「自分が好きな雄二」はやっぱり嘘じゃなくて、その気持ちに何らの間違いはない、と。好きなシーンです。そしてアニメ版では鳥肌が立ちました。大切な場面だけに、絵的な話で翔子の動きが凄いことに。コマ送りしましたが、いわゆる全原画というものでしょうか・・・? スタッフの意気込みが伝わってきた気がしました。
 
 で、この二人の関係はハッピーエンドを見たいと思うのですが・・・。原作でもそこまで進んでません。雄二は「お前はカン違いしている」とは言うものの、翔子を「嫌い」とは言わないんですね。一応はそこが救いで、雄二は自分の気持ちに気づけてないだけだと妄想したいです。好きな子のことじゃなきゃ、頭の悪そうなリーゼントに殴りかかったりしないだろう。どうなんだっ。

(*) 「ある事件」は6.5巻に収録されています。気になった方は是非。

・・・

 そんな感動の第7話、個人的に大満足でした。来週は「暴走と迷宮と召喚獣補完計画」というタイトル。これは完全にオリジナルの予感です。サッパリ意味不明ですが楽しみ。また楽しい画面が見れそうな予感。

vlcsnap-2010-02-18-20h22m31s163.png
↑ヤンキーは地味にジョジョ立ち?

2010.02.11

category: バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣(バカテス) 第6話 「僕とプールと水着の楽園-と、」 感想

いわゆる水着回。

0210shot0015.png 0210shot0016.png

お風呂もあるよ!

 というわけで、今週は原作3.5巻(短編集)からのエピソードでした。再現したシーンはほぼ原作通りですが、後半はお風呂シーンというオマケつき。これだけキャラが多ければ、やらないテはない。

 見所は毎度お馴染みのパロネタ、そして秀吉と雄二の出番が多かったことでしょうか。雄二のセリフは今までで最も多かったのでは。と言っても、主に悲鳴でしたが・・・。彼の神童っぷりは何処へ。霧島さんは一途な点に好感が持てて原作から好きなキャラなのですが、いざ映像で目潰ししたり水に沈めるシーンを見てしまうと・・・さすがに彼女の行為は生々しい。分類的にはヤンデレに近いのかな。でも、水着の登場シーンでは雄二が意外に見とれていたり。
 一方、真の意味で優遇されていたのは秀吉でした。今までは普通の可愛いキャラでしたが、今回のエピソードで周囲の人間が秀吉を女の子扱いし、それを本人が嫌がるという特異性がしっかり描写されていました。端希に至っては木下「君」と呼んでるのに女の子扱いという。そして更衣室が分かれる場面は、大切なことなのでプール・銭湯と2回。ちなみに「秀吉更衣室」「秀吉湯」はオリジナルですが、若干やり過ぎ感が(笑)。

0210shot0018.png 0210shot0020.png 0210shot0019.png

 お風呂シーン。バカテスらしさを出すために、しっかり召喚獣を絡めてきました。しかし召喚獣に覗きをさせても、明久の本体は何も見えません。今までに何度も召喚してるのに、それに気付かず欲望のままに動く明久のオバカ加減(笑)というネタも楽しかったです。最後は「召喚獣の体力が0点になったら補習」の原則通り、水中から鉄人が現れ明久を捕獲。鉄人は明らかに銭湯にいなかったわけですが、それでも登場させるのが面白かったです。こういうシーンはアニメの醍醐味のような。

・・・

 来週は「俺と翔子と如月グランドパーク」。少しタイトルが変更になってますが、こちらも短編集3.5巻からだと思います。好きなエピソードなので来週も楽しみ楽しみ。
 
0210shot0021.png

2010.02.08

category: バカとテストと召喚獣

バカとテストと召喚獣(バカテス) 第5話 「地図と宝とストライカー・シグマV」 感想

「砕け・・・!! プロブレム・・・ブレイカーッ!!!」

0207shot0007.png 0207shot0002.png 0207shot0003.png

・・・原作既読ですが、こんなシーンは知りません。完全にオリジナルです。これがアニメノチカラ・・・!(笑)

 今週は、第3話に続き2回目のナベシン氏の担当回でした。とにかく笑いました。かなり高密度な20分間。ナベシン氏の回は画面が本当におもしろいのですね。例えば上のプロブレムブレイカーのシーンですが、鉛筆を転がすという脚本から、巨大な鉛筆が校庭を割るというイメージに辿り着く発想力が凄いと思います。私はこのテの見せ方が大好物です(笑)。そして、今回は画面の勢いだけではなく、高山さんの脚本も素晴らしいです。第5話は完全オリジナルでオリエンテーションも高山氏の発想かと思いますが、学園内部を横断的に使いつつテストも絡めるという、バカテス的に非常に正しい発想で舞台を設定。しかもオリエンテーリングなら全員参加の設定が可能ですから、メインどころの登場人物は全員に出番がありました。原作では一巻使って別の形で争われるのですが、アニメ版はコンパクトにまとまっているしアリだと思います。ギャグも冴えてる。物語的には「腕輪」「ペアチケット」の入手が今後のポイントとなっており、また、葉月のストラップを取り返すという流れで、明久の「優しさ」にもさりげなくスポットを当てています。

 第3話、第5話で端的に表れていると思うのですが、アニメ版の笑いは「視覚的に訴え、直感的に笑えるモノ」が多い気がします。原作はセリフがメインの会話劇であり、言葉のやりとりから笑いを狙いますが、アニメ版では視覚的に笑えるギャグが非常に多いと感じます。印象が強そうな例だと、第3話Aパートの「萌えるゴミ」「太くて固いゴミ」など。つまりアニメ版バカテスは原作と同じく「笑いを取りに行く」のですが、その笑いを成立させる論法が根本的に異なっている気がします。
 
 そして注目点としては、会話劇を無くし内容もオリジナルなのに、原作読者からは評判がいいですよね。これは内容を変えても登場人物の性格を変えず、とにかく演出でバタバタさせることで、原作読者が想像していた「Fクラスの面々のバカな日常」の空気感を上手く描いてるからだと思います。序盤は最低限の内容トレースで、スタッフさんはドタバタ的な空気感を重視したのかなと。そう考えると、ドタバタ感と相性のいい美春の重用も頷けるし、それに相反する雄二の冷遇も納得できる気がします。今後はどうなるのでしょう。原作にも良いエピソードはあるのですが・・・。

 来週はタイトルから見れば水着回です。ここまで魅力的な女の子キャラが多いなら、やらない手はないでしょう。ピンポイントで原作からこのエピソードを持ってくるあたり、あざといというか(笑)。原作だと3.5巻で「僕とプールと水着の楽園」というタイトルですが、アニメ版では「僕とプールと水着の楽園-と、」に変更されています。どう見せてくれるのか今から楽しみです。

0207shot0009.png

現在視聴中の作品(4/26ver)

閃光のナイトレイド
あにゃまる探偵 キルミンずぅ
迷い猫オーバーラン
けいおん!!
真・恋姫無双 2期
HEROMAN
B型H系
会長はメイド様
いちばんうしろの大魔王
デュラララ!
Angel Beats!
薄桜鬼
聖痕のクェイサー
ハートキャッチプリキュア
WORKING!!
リルぷり
GIANT KILLING
ジュエルペットてぃんくる
荒川アンダーザブリッジ
裏切りは僕の名前を知っている
極上!!めちゃモテ委員長

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Copyright ©アニメ感想メモ的な. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。